当たる電話占い

当たってびっくり電話占い

私はよく近くのショッピングセンターの中に入っている手相電話占いを利用しています。もともと占いなど信じていなかった私ですが、ある時から電話占いを信じるようになり、今でもよく利用しています。

 

母が占いが好きで仕事のことや人間関係のこと、これからのことで悩んでいた私に手相占いを勧めました。

 

家の近くのショッピングセンターの占いは1000円からでしたので、気休めにでも行ってみようかな、まあどうせ当たらないしと軽い気持ちで行ってみました。

 

優しいお顔のおばさまが手相を見てくれました。まずはじめに言われたのがあなた誰と居ても気を使うでしょう?でした。

 

私はハッとしました。たしかに家族と一緒にいても気疲れするし、どんなに付き合いの長い友人と居ても疲れてしまって1人が楽と感じていたのでした。そして、自立心があなたはとても強いわね。

 

16歳の頃から急激に強くなってるわね。そう言われ、苦労が多いわねと言われました。16歳はちょうど高校を卒業した年で自立したいとその時から今までずっと思ってきました。

 

高校を卒業するまで家が貧しかったため、バイトもたくさんしましたし、自分のものは自分で買い、生活していました。
思い返せば当たってる!!ということが多く、手相占いを始めて受けたものですからあの時の衝撃は忘れられません。そして将来のことについてもおばさまは教えてくれました。
あなたは美的センスがあるから芸術系や美容関係のお仕事、経営者にも向いてるねと言われました。負けず嫌いでしょう?

 

あなたは他人の上にもに立てる人間だとも言われ、その時は語学を使った仕事がしたいと思っていたため、少し残念で、芸術系や美容の仕事なんて絶対に無理、ありえないと思っていましたが、4年経った今、美容に直接関わる仕事ではないのですが、美容系のお仕事で人に仕事を教える立場に立っています。今考えると当たっていてすごいというより、当たって怖いというかんじです。

 

笑 ただ、そのとき占い師の方が結局未来のはっきりしたことは分からない。貴方の努力次第ですよ。とおっしゃっていたのを今でもよく覚えており、占いは自分の未来を作る手助けのようなもんなんだなあと最近よく感じています。占いでいくら貴方はこれに向いてるといわれてもその仕事になるためにはやはり努力が必要です。

 

私は今でもよく電話占いを利用しますが何か言われるたびに、ああもっと努力しなければいけないなあと思うようになり、モチベーションが上がっています。当たる電話占い口コミ

 

 

女子達と占いの秘密の関係

 

占いはいつも女子のマストアイテムの一つ。小学生や中学生のときに友達とワクワクしながらトークしたのではないでしょうか?小さいながら、占いの本を借りたり高校生や大学生になると「あの番組の当たるよね〜」とか、「あの雑誌の占いでこんな事書いてあったよ!」とかそんな事で一喜一憂したり。
小さい頃からお姫様な女の子達の一番気になる占いは「恋占い(相性占い)」ではないでしょうか?気になっている男子との占いで、相性が良いともうウキウキ度がマックスになってしまったり、相性が悪いとこの世の終わりみたいな気持ちになって「もうこの恋はおわりだ〜」とか、「こんなの占いだし!」とか色んな反応を見てきたように思います。
ある時期まで、女の子の「占い」はドキドキを友達と共有するコミュニケーションツールの一つになって大活躍してくれて、自分の気持ちも占い次第で少しの間ユラユラ揺れて恋の一部になっていたんじゃないかなって思います。

 

もう少し大人になっていくと、「手相占い」や「タロット」や「占星術」や「四柱推命」や「スピリチュアル」・・・実に様々な占いを街角や店舗に赴いて占って貰う人も出てきます。また、独学で習得してしまう人もいます。

 

「占いは統計学」との話も聞きます。多くの人(特に女性)が占いを頼り、はまっていく人も出てくる事で「こういう人は大まかにいえばこういうタイプで、こういった行動をしてどのような気持ちなる」といった心理学にも近しいものがあるように思います。

 

そして、カウンセラーのような位置づけで占い師が存在し不安な気持ちなどに寄り添った話をしてくれていたら、女性でなくともはまるように思います。

 

ただ、最初の一歩として女性の方が男性に比べて小さい頃から馴染みがある分、門戸は広くなっていますが女性ばかりの場所だったり女性が多く占めるイメージのついている場所に男性は行きにくくなるため、占いをする人もはまる人も「女性」だと思われるのではないでしょうか。(本当はスイーツが好きで行きたくても、女性のツボを押さえた場所に男性だけでは入り辛いと思います。女性も女性だけで男性客の多いお店には入りにくいのと同じですね)

 

他にも、女性はアレコレ考え不安になったり心配したり「白黒」付けたい方が多いように感じますが、男性は性格的に「白黒だけでないグレー」の部分を持ち、楽観的でポジティブな方が多いように感じます。そういった男女間の考え方や価値観の持ち用の違いからも「占い」は女性に則していると思います。

 

女性が占いを好きになる、はまるのは「不安」だから「知りたい」、それを本人に聞く事も出来ないし、分からないし・・・。

 

そんなときに話を聞いてくれ、慰めてくれたり叱ってくれたりして、励ましてくれる。友達とも親とも違うけれど、自分を肯定して背中を押してくれる自分の秘密の隠れ家だからではないでしょうか。

 

女性にとっての占いは、男性にとってのゲームのようなもの

 

女性は男性に比べて占いが好き、というのは否めない事実だと思います。古来より占い師と呼ばれる方々は、政治の行方から個人の悩みまで、人々の相談役として大なり小なりその役割を果たしてきました。

 

現代においては、占いは「科学的な証明が出来ない」ため、社会的信憑性はありません。特に男性は、占いの理由・根拠が科学的に分からないために敬遠しがちだと思います。

 

しかし、占いをする女性側からすると、占いには「当たる」という感覚があります。実際に占い結果に対して、「根拠はないけど、きっとそうだと思う」というやんわりとした自信を持つ場面が、度々訪れるのです。

 

もちろん、科学的根拠は無いとされているのは分かっているのです。が、だからと言って、占いが「当たらない」とは言い切れない側面があると思うのです。

 

ついつい占いをしてしまう女性心理としては、女性が「頭で考えた結論」と「心で感じた結論」という矛盾を感じやすい、という特徴を有している事と関係があると思います。男性は「頭で考えた結論」が往々にして優先されるのでしょうが、女性は大抵の場合その逆で「心で感じた結論」の比重が大きくなります。

 

社会・世間では、男性の「頭で考えた結論」が善であるとされる一方で、女性は論理だけで割り切れない「感情」というものが大部分を占める占める生き物なのです。

 

女性の悩みには「心で感じた結論」に従って行動したい、という主張が眠っています。

 

でも、社会・世間では「感情的」という言葉の意味がネガティブなように、「心で感じた結論」はどちらかと言えば悪とされがちです。

 

論理が先行する事が善い事・当たり前とされる現代で、女性は「心で感じた結論」の行き場が無いように感じられて、思考が宙ぶらりんになりやすい。だから、その宙ぶらりんの状態を解決するために、占いという手段に頼って受けとめてもらおうとするのではないでしょうか。

 

自分の悩みを相談するには、悩みが論理的に間違っていると自分でも理解出来ているからこそ、相談しにくい内容である場合もあります。むしろ、本当に相談したい悩み事というのは、決して社会・世間的に肯定されないようなものの方が多いかもしれません。

 

誰かには言いたいけれど、誰に言うかは悩ましい状況の時、「占い師」はその受け皿になってくれる存在だと思います。特に「当たる」と評判の方であれば、まず自分の悩みを相談できたという事実だけで楽になれたりもするものです。そして、占い師が「自分・個人」と「社会・世間」を上手く擦り合わせて出してくれた答えを支えにし、一人宙ぶらりんだった状態から解放されるのだと思います。

 

 

表現するのは非常に難しいのですが、女性にとっての占いは、男性にとってもゲームのようなものはないでしょうか。

 

つまり、「なぜ、面白いのかを論理的に説明する事は出来ないし、世間では生産的でない娯楽だと思われているコンテンツではあるが、確かにそれは”面白い”」。

 

なぜ面白いのかという事の根拠は今のところ説明できません。だけれども、男性もゲームが面白いから好きになるような感覚で、女性も占いが面白いから好きなのだと思います。

女性はなぜ占いが好きなのか?

 

女性には占いが好きな人が多いです。それは、きっと自分や他人のことをもっとよく知りたいからだと思います。そして、最終的には宇宙と繋がり、平和に暮らしたい...とも言えるでしょう。

 

一番ポピュラーなのは、恋愛の占いです。恋愛は男女が関わるものでありながら、女性はやはり体力的にも精神的にも弱い立場にあります。結婚を意識して付き合っていた男性が、ふらりとどこかへいなくなってしまったりしたら、その痛手は相当大きなものになります。そして年齢的にも出産等も考慮して、女性は男性よりも早めにきちんとした暮らしを手に入れたいと考えます。男性より10年ほど先を生きていく感じになります。そうすると、傷つきたくないことと合わせて、永遠の相手を探したいのです。

 

相手を早めによく知り、なるべく自分と考え方や趣味などが合いそうな人、そして出来れば星座や易の相性が良いとより安心してお付き合いが出来るのだと思います。

 

また、女性は男性よりもコミュニケーションを大事にします。家族の中で問題が出れば我が事のように一緒に苦しみ、そこから逃げずに解決の糸口を探します。親戚から相談を受ければ、何時間でも電話で話を聞きます。そして、解決を計る方法の一つに占いも出てきます。

 

占いの中には、その年の体の状態も出てきますので、もし体調の悪い方が居れば、改めて無理をしないように声をかけてあげることのあるでしょう。最近は減ってきましたが、以前はご近所に若い娘さんの縁談を持ってくる「おせっかいなおばさん」がいました。頼んでもいないのに「いい子だから会ってごらんよ」などと写真を見せたりします。

 

こういう女性も、おそらく占いでの相性も見て、話を持ってきていたと考えます。断れなくて困るという話もよく聞きましたが、悪気はないのです。女性ながらのコミュニケーション脳から来ている行動なのです。

 

そして、私自身は最近は政治家の占いに興味深々なのです。誰かと言うと、トランプさんです。この人ほどよく分からない人はいません。会って話してみることも出来ませんし。そこで、うちにある誕生日占いを見ますと、ナント「事業運」の持ち主とありました。

 

この事業運はトランプさんの6月には1日しかないのです。確かに当たっていますが、事業と政治はかなり違いがあるので、トランプさんがどこまで我を抑えられるか...にかかっていると思います。

 

私も女性です。こんな感じで最終的には世界の安定とか平和を求めて占いから目が離せない毎日です。