電話占い

仕事をさぼって手相占い!

23歳の時、友達が住む東京で初めてタロット占いをしてもらいました。彼氏ができずに悩んでいたので、27歳で結婚し子供もできると言われて嬉しかったです。

 

でもその結婚相手といつ出会うのか聞き忘れたこともあり、また占いをしてもらいたいなと思っていたのですが、私の住む街は超ド田舎。簡単に東京に行くことができず、占い師には簡単には会えません。

 

でもほどなくしてチャンスが訪れました。仕事でスーパー買い出しに行った時、期間限定で、ひっそりと手相占いのコーナーができていたのです。私は迷いました。

 

だって今は仕事中。でもちょっとくらいなら・・とうとう誘惑に負けてコーナーに入ってしまいました。笑顔で迎えてくれた占い師は70代のおじいちゃん。

 

しかもかなり酒臭いんですけど、ちゃんと占いできるのかしら?と疑いました。それに手相のことは結婚線くらいしか知りませんでした。

 

小指の下の線が1本あると結婚が1回、2本あれば2回すると友達に教えてもらったことがあります。小学生のときだったと思いますが、女の子はこういう話が大好きですよね。
本当はタロット占いが良かったけど、また占い師に会う確率は非常に低く、背に腹は代えられない!と覚悟をきめ、占ってもらうことにしました。

 

何を知りたいの?と聞いてきたので、彼氏がいつできるか知りたいと聞きました。一応じっくりルーペを使いながら手相を見てくれました。

 

しばらくして「22歳で、彼氏できる!」「でも私23歳なんですけど。」「うそ!じゃあ23だ!」と、物凄く適当なんです。悪い予感が当たってしまいました。

 

しかも子供は何人できるかと聞いてみれば5人だそうで。そんなに欲しくないですし。最大でも3人でいいです。こんな占いで料金3千円を払うなんてもったいなくて泣けてきました。
つくづく都会はいいですね。占いの館とかあるし。何食わぬ顔をして仕事場に戻りましたが、後で「さきちんさん、仕事中に人生相談してちゃダメじゃない!」と職場の人に言われて青くなりました。

 

そう、見られていたんです。悪いことはできませんね。その後スーパーは地盤沈下のため移転し、取り壊されてしまいました。占いコーナーは最初で最後だったのです。

 

しかも東京の友達が結婚し別の街へ引っ越してしまったので、タロット占いをしてもらう機会もなくなってしまいました。手相占いで懲りたので他の占い師にもあれから占ってもらったことはありません。

 

現実に目をむけて、それまで避けていた合コンに積極的に参加するようになったら、タロット占いで言われた通りになりました。ちなみに子供は5人もいません。2人です。